読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私がジャニヲタになるまで②偏見の崩壊

前回の記事では、私が大倉くんに出会うまでの経緯を書かせていただきました。

今回はそこから現在に至るまでについて書いていきます。

 

mxdxrxtxn.hateblo.jp

 

高橋優さんを知り、オールナイトニッポン枠で放送されているラジオ番組「大倉くんと高橋くん」を知りました。

 

出会った、とは言っても関ジャニ∞のことは知っていました。

中学2~3年の頃、同じクラスに安田担の女の子がいたからです。

彼女とは同じ班になることがあり、いつも嬉々とした表情で安田くんのことを話してくれました。

「たっちょんってみんな呼び始めたから俺これからは忠義にするわ」も彼女が教えてくれました。

彼女以外にも私の学年にはジャニヲタが多く、中でもほとんどがエイターで、カラオケに行けばおばちゃんロックを歌ったり、関風ファイティングのPVを見たりしたのですが、当時の私はいくら彼らの魅力をプレゼンされたところで、お化粧したおじさん>>>すっぴんのお兄さん、だったので特別惹かれることはありませんでした。

 

そもそもジャニーズというものにあまり良い印象を抱いていなかったのです。

小学生の頃ごくせんで見た松本潤さんに一目惚れしたり、同じくごくせんで見た亀梨和也さんが好きでMyojoを買ってみたこともありましたが、彼らをアーティストとして見たことは一度もありませんでした。

それどころか、頭振れ首置いてけ!重低音響かせてナンボじゃ!かかってこいや!なバンドばかり好きだった自分は、彼らを内心馬鹿にしていました。

 

「人に作らせた曲でお遊戯して金もらってる」そう思ってました。

 

私が知っていた関ジャニ∞は2006年~2007年とかなり短い期間のもので、大倉くんの印象は「顔はかっこいいけど後ろのほうでにこにこしてるだけの人。空気。」でした。

そんな印象と「深夜のラジオとはいえ当たり障りないことしか言わないんだろうな」という偏見により、「上辺だけの会話」を想像していました。

 

いざ聴き始めて、優くんって話すときはこういう声なんだ、訛ってるなぁ、なんて思っていた中、もう一人のパーソナリティ大倉忠義に気になる部分が出てきました。

「この人すげぇ笑うな」

彼が声を張って話すというイメージがまったくなく、物静かで真面目な癒し系キャラ*1だと思い込んでいた私の偏見が、彼の響く高笑いと共に崩れていくのを感じました。

 

「この人を知りたい」

そう思い、手を出したのが関ジャニ∞クロニクル。(ここでライブDVDや過去に出演した音楽番組を選ばないところで、いかに私の中で彼らが「お笑い要員」になっていたかが垣間見れますね。)

大阪の人達だしテレビでのトークも基本わちゃわちゃしてるから面白い人達なんだろうなとは思っていたけど、ここまでとは思わなかった。まるっといとおしい。

そしてそこに私が知っている大倉忠義はいませんでした。

「(大倉忠義がしゃべってる…えっ、年上のメンバーに噛みついてる…すごい笑ってる……えっ、ねぇ、すごい笑ってる!!!)」

 

彼らのキャラクターに興味を持てた時、曲を聴いてみたいと思いました。

びっくりした。「音楽」をやってた。

そもそも音楽の定義ってなんなんだよお前に何がわかんねんって話だけど、たとえ歌が下手でもかっこいい顔でステップ踏んでりゃ女はもてはやすんでしょ、音楽が駄目ならドラマや映画やってればいいんでしょ、演技が駄目なら適当にモデルとかやってればいいんでしょ、ってずっと思ってた。

 

あと、ジャニーズって入所した時点で勝ち組だと思ってたんですよ。

あんなに大きい事務所なんだしオーディション受かれば一生安泰なんでしょ?って。

デビューまでの時間、デビュー出来ない人達、考えたことがなかった。そんな人達がいることさえも知らなかった。皆が平等に有名になっていくものだとばかり思っていた。

だから彼らが関西っていう不利な状況下で必死にもがいて道を切り開いてきたことを知った時、もう目が離せなくなってた。

 

こうして大倉くんは私の中で「顔がかっこいいだけの人」から、「私の中の偏見をぶち壊して新しい世界を見せてくれた人」になっていきました。

そして関ジャニ∞はアーティストで、エンターテイナーで、最高におもろい兄ちゃん達です。

 

そんな罪な兄ちゃん達と今年は最高の夏を過ごす所存であります!

みんなも気合入れていこうな!!!

*1:音楽番組にゲストで出ていたところを見たことがあり、終始話さずムフフと笑っているだけだったので、大口開けて笑う人だなんて思ってなかった。